モデルのタイヤは隅っこの下の力持ち

以前、ガソリンスタンドにて給油ついでにタイヤの空気圧をみてもらった先、タイヤが破損する間際でした。至急タイヤ交換してもらい、マイカーは問題なく走っている。
よく考えたらタイヤは4つあるとは言え、何分の最初かのがたいでマイカーやその中に股がるパーソンや鞄程度を支えて走っているんですよね。しかも時として時速100移動を超えることもある速さを駆ける。
そんなに考えると、長時間壊れず走り続けるタイヤは著しいなと感心してしまう。
あたいにおいて言いますと、タイヤはマイカーによるプラスアルファ認識でした。マイカーの一部であるという認識すらなかったように思います。なので、洗車時もタイヤは適当に洗って、マイカーの自体というのでしょうか、そちらばかりを丁寧に流し、たえず有難うとしていたのはタイヤ以外のゾーンだけでした。
ただしこの度タイヤが毀損間際と行渡り、このまま走り回ると大災害になりかねないについてに直面して、初めてタイヤもマイカーの一部であると認識したしだいだ。我ながら愚かしいですが。
タイヤという尖端の下の力持ちがあって、マイカーは動いていただけるということを要点に命じたいと思います。車買取相場表で高く売る